トウリーディングとパニック障害

おはようございます

国分寺のリフレサロンsnowflake

看護師セラピスト矢部深雪です。

トウリーディング2日目の学びが終わりました。

今回は足指一つひとつの意味を学びました。

トウリーディングとは

足指がメモリースティックとなって、過去の自分や

つらいと思った出来事や言葉を保存しておくもの。

それをトウリーダーの質問によって、自分自身で

紐解いていくもの。

親指は自分自身を示しています。

私の親指は、とても大きいです。

パッと見た時一番に目に入ると思うのに、

私は今までそんなに気にならなかったんです。

気になっていたことと言えば、親指が上に

反っていたことでした。

くつ下は穴が開くし、靴によっては親指が靴の壁

に当たってイヤでした。

リフレクソロジーでも、親指は頭と首。

身体の大事な部分です。

そこを大事にしないと、固くコリコリしてきたり、

角質ができてしまいます。

親指を大切にして、自分の思いを伝えていくと

いいようです。

なでながら、なりたい自分を伝えていきました。

親指が反っていることにも理由がある。

私はこの反りを直さなくていいんです。

それが、私だから。

私が認めてあげればいいだけなんです。

相変わらず、出かける朝は準備に時間がかかって、

荷物が多いです。

不安にならないように、これ持って行こう

これ、必要と思っちゃったから、持って行こう

今気づきいたのですが、

私、完璧でないとダメなんです!

そうか、私の中にこんな法則があったのか

全然完璧じゃないのにな

と、思っていたのは自分なんですね。

あと、もう一つ気づきました。

探し物を探すのは、イヤ

息子は物の管理が苦手。

えんぴつ、消しゴムはしょっちゅう。

携帯、補聴器をどこかにやった時は、

もうガッガリ。

それから、息子の持ち物を管理するように

なりました。

でも、全てを管理するのは無理でした。

家の鍵がない!と息子に言われると、

あーなんであの時、きちんとしまわなかった

んだろうと後悔して自分にダメ出し。

探しながら、だんだんと落ち込むし、

ムカムカしてきました。

なんで、私はいつもこうなんだ!

だから、今でも何かを探すのはイヤ。

色んな物のあり場所を覚えていないと心配。

だんなに、あの書類は?って言われると

モヤモヤ、ザワザワしてしまいます。

完璧な私なんて、いないんです。

物がなくなったら、イヤですが、

なんとか、無くさないように、工夫すれば

いいんですし、みんなで探せばいいんです。

探しながら、イライラしないで、

またですか?と明るく!

落ち込まない。

なくしたのは、私のせいではないから。

息子の管理を100はできません!

私は完璧ではありません!

それでいいんですよね!

よし、自分を許そう。

学びでいい事を教えてもらいました-

両手を広げて、上を見ます。

ジャンプしながら、ワーと声を出しましょう。

ぎゅーっと縮まってしまった心が、緩んできます。

自分の中のこだわりをふるいにかけるように全部落として、からっぽにしてしまいましょう。

少しずつ、気づきが出てきました。

自分の中のokを増やしていきたいです。